猫ペット保険

老猫をペット保険に入れたい

 ペット保険にも色々あります。老猫にも入りやすいペット保険も有りますが、その際、自分が想定している保険事故に対してきちんと支払われるものを選びましょう。
 もちろん、入れるかどうかは重要ですけれど。
 なお、老齢の猫の保険料は若い猫よりも高い事が多いので、きちんと調べてみましょう。

 

 老齢猫の保険料を下げる方法は、万一の保険事故の際の給付割合が下がっている保険を選べば、保険金額が下がります。もちろん、保険事故が起きた際の給付金額は減ってしまいますけれど、この辺は猫保険の給付と負担の割合で、自分が納得できる保険を選びましょう。
 例えばペット保険のペッツベストとかなら保険料と補償のバランスが納得しやすいかと思います。

 

 ペット保険のペッツベストの場合は給付割合が80%なので、万一の際には残りの20%を支払う事になりますが、その分負担金額をおさえられるので、まさに「保険」という考え方でお勧めです。