猫保険の種類

自分のライフスタイルに合った猫保険

 猫の保険は、日額制限が有ったり、回数制限が有ったりすると、保険料が安くなったり、また、負担金を払うようにすると保険料が安くなったりします。
つまり、自分の猫と財布との相談という側面があると思います。

 

 また、老齢の猫の場合は加入そのものを断られることもあるので、この辺も自分の猫が健康なうちに猫の保険を考えてあげる必要があるかもしれません。
 私が飼っていた猫は、不幸にも人間でいうと30歳くらいで病気で死んでしまったので、若い猫だから保険に入らなくても大丈夫という訳でもありません。
自分のライフスタイルに合ったネコの保険を探しましょう。

 

 個人的には、猫の保険に限りませんが、保険は給付と負担のバランスで成り立っているので、安い保険は基本的に給付が少ない(給付する項目や金額などが少ない)と思っても良いのではないかと思います。

 

 また、待期期間とかも、調べておきましょう。
 待期期間とは、自分が入っている保険の対象の事故でも、一定の日数が経たないと保険金が下りない話です。
 ペット保険に新規に加入する際に知っておきたいことの1つに、保険契約が成立してもすぐに補償が始まるわけではないというお話があります。

 

 待期期間の対象の病気によってはすぐ保険加入後すぐに病気になっても、保険金が下りないかもしれないという事は覚えておきましょう。

 

 ペット保険のペッツベスト

保険料と補償のバランスが最高!

とにかく一度お見積り!

 

猫保険と待期期間

 保険にもよりますが、保険によっては待期期間が重要な事もありますので、要注意です。

 

  いわゆる待期期間が設定されている保険の場合、例えば「癌に掛かってしまった場合は契約後90日までは保障しませんよ」という感じになっています。
  これは、症状が出てから慌てて保険に入っても保険金を出さないという趣旨らしいです。
  怪我の場合でも待期期間が有る場合が有りますので、要注意です。

 

  保険に入っても、最初のうちは補償対象にならない可能性があるという事を念頭に入れておきましょう。
  保険を検討しているなら、早目の加入が良いと言われている理由の一つがこの待期期間です。