猫保険

猫保険って、どれが良いの?

猫保険は、想定される猫の飼い方、年齢等によって、色々と最適な保険が違ってくるケースがあります。
例えば、入院だけ保証してくれるペット保険の方が、通院時も保証してくれるペット保険よりも割安だったりします。

 

愛猫のためのペット保険【FPCペット保険】

 

そんな時は、自分で組み合わせられる保険を探したり、全国どの動物病院で治療しても保障してくれる保険会社を探したり、それぞれ方法はありますが、猫種によって掛かりやすい病気も有るので、しっかりチェックしましょう。

 

まず、自分が飼っている猫の病気の傾向を知って、そして、猫の性格も考慮したら、それに合わせて猫の保険を選ぶのが良いでしょう。
例えば、外飼いしている猫は、病気を持ち帰る可能性も高いですし、ケガも保証してくれる保険に入っておいた方が無難とか。

 

 

ペット保険のペッツベスト
  • 治療費の80%を保証してくれるペット保険のペッツベストは、現場を知り尽くした獣医さんが開発したペット保険です。

医療費の80%を保証(免責金額をのぞく)

  • 万一の際の負担があるので、普段の保険料が割安になります

通院・入院・手術の回数制限などが無い。

  • 保険事故の回数制限が無い猫の保険なので、安心です

保険料の増加は穏やかなライン

  • 保険料の増加が比較的に穏やかなので、将来も安心なペット保険です

ペッツベストのペット医療保険は医療費用の80%を保障!(免責金額を除く)

 

 

 

日本ペット少額短期保険

 

ペット保険【エフ・ピー・シー】

病気や怪我の治療費の50%を保険金として受け取ることができるペット保険

  • 治療費の50%を受け取る事が出来ます



手術・入院・通院費を補償

  • FPCのフリーペットほけんは、一度に大きな出費となる手術はもちろん、費用がかさみやすい通院・入院もカバー

 

補償限度額が高いペット保険

  • フリーペットほけんの年間の補償限度総額は、85万円と最高水準の手厚さ

 

全国すべての動物病院に対応

  • 提携動物病院の指定がないペット保険なので、日本全国どこのどうぶつ病院でも対象になります。
業界最安水準のペット保険なら【FPCペット保険】

 

 

※いずれの情報も、HP作成時のものです。詳しくは各HPできちんとご確認ください。